Technics

アトリエ・トワル・ド・ジュイのテクニック

テクニック

美しい作品を制作するには、基本がとても大切です。
ボンドの扱い方、方向、カッターの使い方や正確なカット方法、はさみの入れ方など、 フランスで学んだテクニックや、多くの失敗の末に身に付けた様々な オリジナルのテクニックを取り入れ、完成度の高い作品を目指しています。

technic1

(美しい角の処理の一例)

technic2

(美しい角の処理の一例)

technic4

(角の布と布との接着)

technic5

(正確な曲線カット)

technic8

(曲線カットと曲線処理)

technic10

(正確なカルトンのカット   写真はブック型の箱本体の長・短側面の4枚)

technic9

(定規とカッターを使った 手切りの45℃のカット)

technic6

(引き出し)

    

初級でカットを完了させ、中級では特別なカッターを使わず、 定規とカッターのみを使用した45℃の手切りのカット (フランス額装の Biseau ビゾーの手切りのテクニック) の「コツ」を丁寧に個別指導をしています。レッスンを受けた中級の生徒さんのほぼ全員の方が、 数分の練習できれいな45℃のカットが出来るようになっています。
また引き出しは、ひっかかりがなくぴったりと閉まるよう、上部のふたの開閉は、 桐の箪笥を閉める時に、空気がふっと抜ける気持の良い感触をカルトナージュにも 取り入れています。
常に使い易さを考えながら、寸法取りから正確に制作をしています。
カルトナージュご経験者の方は、こちらのブログ、アトリエ上級テクニックもどうぞ → 


inserted by FC2 system